Warning: Invalid argument supplied for foreach() in d:\inetpub\taminokoe.jp-root\include\main.php on line 276
日乃丸青年隊 機関誌 民の声

東日本大震災に思う

rCAO9KPXQ.jpgあれから10日が過ぎた。それにしてもあの地震と津波には驚いた。東京にいてもあの時の揺れは凄かった。いつもと違う揺れであった。夜部屋に戻ったら、高い所の物が少し落ちていた、そしてガスが使えなくなっていた。どうやらリセットみたいなのが掛りすぐにボタンを押したら使えるようになった。こちらはこんな程度で良かったが、被災地の人達は大変だと思う。ちなみに弊隊は宮城県に支部があり隊員に連絡がついたのが、先週の16日水曜日位であった。心配だったが皆な無事で安堵した。その隊員の松島町(あの悲惨な松島市とは別)の仲間に話を聞くと「地獄だ」と思ったそうだ。辺り一面瓦礫の山になり、港に人が沢山プカプカ浮いていたり、車の中で亡くなっていたり、それは、目を背けたくなる光景であったそうである。東京にいる我々はテレビでしか見ていないがテレビが放映できないむごい場面も悲惨な状況も容赦なく目に付くとのこと。そのような話を聞き何も出来ない自分が歯痒いが、そのような状況の中、些少でも支援物資が送れて良かった思う。宮城県本部の同志の方々には、何とかこの地震をばねに大変だと思うがこれから踏ん張ってもらいたいと思う。共に頑張ろう。

アメリカや白人国家は中東問題に口を挟むな

r.jpgエジプトやリビアその前が、バーレンなど、今反政府デモが盛んに行われてるが、その後ろには常にアメリカの影が付きまとう。特にエジプトとリビアのデモ(デモと言うより内戦状態)は、はそんな感じがしてならない。アメリカが自分たちの価値観を中東に突然広めようとインターネットなどを駆使して体制を崩壊させた。或いはリビアに見られるように口を挟み体制を左右する力を誇示している。リビアや中東の問題に限らず、各国のあのようなデモ(内政問題)に世界の大国がどうのこうのと言うのは内政干渉であると思う。その国の未来はその国の人達自身で決めるのが当然であると思う。それが我々から見てもおかしな結果や、残酷に思える行動をしても、口を挟むべきではない。決着が付いてから、助けたり、援助をすればよいし、或いは戦略的外交を行えばよい。アメリカは、自分たちの価値判断が正義だと常に思うのは良くない。それは我が国に対しても言えることではないだろうか。そんな気がして連日の中東問題の報道を見ている。

Profile

管理人

New Entries

Comment

Categories

Archives(112)

Link

Search

Free