Warning: Invalid argument supplied for foreach() in d:\inetpub\taminokoe.jp-root\include\main.php on line 276
日乃丸青年隊 機関誌 民の声

4.徴用工と強制連行について考える。

sagyou-1_R.jpg終戦後在日朝鮮人の約75%が朝鮮に引き揚げたが、その後帰還状況を段階的にみると次の通りである。1.まず1945年8月から1946年3月までの間に、帰国を希望する朝鮮人は、日本政府の配船によって、約90万人、個別的引き上げで約50万人合計140万人が朝鮮へ引き揚げた。引き揚げにあたっては、複員軍人、軍属及び動員労務者等は特に優先的便宜が与えられた。2.ついで日本政府は連合国最高司令官の指令に基づき1946年3月には残留朝鮮人全員約65万人について帰還希望者は約50万人ということであったが、実際に朝鮮へ引き揚げた物はその約16%、約8万人に過ぎず、残余の者は自ら日本に残る途をえらんだ。3.なお、1946年3月の米ソ協定に基づき、1947年3月連合国最高司令官の指令により、北鮮引揚計画がたてられ、約1万人が申し込んだが、実際に北鮮へ帰還した物は350人にすぎなかった。以下続く。

Profile

管理人

New Entries

Comment

Categories

Archives(112)

Link

Search

Free